特殊清掃・除菌消臭

孤独死、自殺、事故死現場の
洗浄、清掃請け負います。

高齢化社会が進み、核家族化そのため、一人暮らしの方が急な病気や事故により、誰にも看取られることなく死亡するケースが日本全国で増加しています。遺体発見が遅れてしまうと、時間の経過にしたがい腐敗や外傷が進み、血液や体液によって異臭が広がり、部屋には雑菌・ウイルスや害虫が大量に発生してしまいます。近しい方がこのような状態で発見されることは悲しいのはもちろん、賃貸の解約時や不動産売却にも影響と与えるため、早急に対策が必要となります。弊社特殊清掃チームは、孤独死の厳しい状態も、必ず原状回復を行う特殊清掃のプロ集団です。私達にすべてお任せください。速やかに対応いたします。

特殊清掃現場は様々な危険が
潜んでいます。

細菌 腐敗臭 体液 害虫 プロ集団でなければ、現場復帰は不可能です。専門家にお任せください。

現場復帰までの流れ

現場確認・養生作業
作業に入る前に、現場責任者が現場周辺にお住まいの方へご挨拶させていただき、特殊清掃作業や不用品搬出の際にご迷惑がかからないよう配慮します。搬出作業の際に、お部屋や通路、階段、エレベーター、共用部などに傷をつけないようにするため、搬出経路の養生を行います。ご遺族の精神的ダメージが大きい場合は弊社スタッフが責任を持って現場の状況を把握し、どのような作業が必要か確認させていただきます。
消毒剤・消臭剤の散布
特殊清掃の前に必ず気を配らなくてはいけないのはウイルス・感染症対策です。スタッフは防護服を着用し、通常よりも強力な除菌・消毒剤、消臭剤を室内くまなく散布します。腐敗臭の強さによっては消臭作業に数日かかる場合もあります。人が亡くなられたときの腐敗臭は一般的に販売されている消臭剤や空気清浄機などでは消臭が不可能です。現場の状況に応じてオゾン脱臭器による消臭を行います。
特殊清掃・遺品整理・不用品の処分
消毒・消臭作業の終わった後、室内を清掃・片付けます。遺体発見が遅かった場合には腐敗による体液の染み出して、床や畳・家財道具も汚染されたり臭いが染みついている場合が多くあります。それらを処分し、その中から故人の貴重品や思い出の品などを探し出します。汚染されたものは特殊な薬剤で清掃・殺菌消毒を行い、廃棄するものと分別していきます。
汚染個所の解体・臭い止めの処置
体液などによる汚染は広がりやすく、現場の汚染が床下・階下・壁の内部にも及んでいる場合にはその汚染箇所を解体し、清掃・消臭作業を行います。この場合はリフォームの作業となりますが、弊社スタッフには内装工事経験者が在籍しております。表面上見えない部分の汚染箇所までしっかり清掃していかなければ消臭できませんので、細部にまでこだわり作業します。
オゾン脱臭・消臭
特殊清掃・遺品整理・不用品搬出作業がすべて完了したらオゾン脱臭器で室内を徹底的に消臭します。オゾン脱臭器は不安定なオゾンを空間に放出させることで臭気物質を酸化分解して脱臭します。オゾンの酸化力は塩素のよりも数倍強力な脱臭、殺菌効果があります。またオゾン脱臭では人体に有害な物質が発生しないため、安心安全に脱臭することができます。
現場や遺品の供養
ご依頼者様のご要望があれば、特殊清掃後に僧侶に来ていただき現場の供養をします。また、遺品のみの供養をご希望の場合は、写真や日記・愛用品など無料でお預かりし、提携のお寺にてご供養させていただきます。
リフォーム
特殊清掃作業中に汚染により解体した部分のリフォームを行います。腐敗臭のひどい現場では壁や天井クロス、床などすべての場所にも臭いが染みついているケースがあります。その場合は張替え作業も行います。その場合、提携している内装工事会社が行います。
室内の確認
作業中に見つかった時計や宝石などの貴金属や通帳、印鑑、各種証書などの貴重品、写真などの思い出の品などをご依頼者様にご確認いただきます。ご遺族様に特殊清掃作業完了後の室内を確認していただき終了となります。
少子高齢化に伴い、孤独死についての様々な社会問題が色々なメディアで取り上げられるようになり、特殊清掃を行う業者は増加傾向にあります。

しかし、汚染物を簡単に除去するだけの作業しか行わず高額な請求をする業者もあります。目に見える箇所だけの作業では部屋中に染み込んでしまった臭いを消すことはできず、臭い残り不快感は取り除けません。作業中に壁を破壊されたなど中途半端な状態で引き渡されるなど...

弊社は汚染物を除去した後は汚染箇所の消毒をし、その周りの床や壁紙を剥がして徹底的な消臭消毒を行います。

そこまで徹底しないと染み付いてしまった臭いは徹底的な消し去ることは決して取り除けません。弊社では消臭作業、作業解体、リフォーム、解体した廃棄物の処理、オールラウンドで作業させていただきます。安心してお任せください。
【料金】
・状況に応じて変動しますので、ご相談ください。
現場によっては、防護服など使い捨てになってしまうケースや、大がかりな機材の搬入が必要な場合もございます。
・取り敢えずお部屋に入れる程度の作業も承りますので、ご相談ください。

除菌消臭

これまで室内の除菌・脱臭を行う際は、薬剤などを使用する必要がありました。このため、施設の性質によってはそれが大きなハードルとなる場合もあるでしょう。
しかし、空気中に含まれる気体の1つである「オゾン」を用いて安全に除菌・脱臭ができる「オゾン除菌・脱臭」が近年注目されています。

オゾン除菌・脱臭のメカニズム

酸素の化学式はO2、オゾンはO3です。つまり、オゾンの分子は酸素原子3つからできており、酸素の同素体であることが分かります。オゾン分子を形成する3つの酸素原子=O3は、酸素(O2)と比較するとかなり不安定であるという特性を持っています。そのため、オゾンは菌やにおいの物質が近くにあると、酸素原子3つのうち1つを分離させて酸素(O2)になろうとします。一方、菌やにおいの物質はオゾンの酸素原子と融合することにより酸化させられ、破壊されます。残った2つの酸素原子はO2=酸素となりますので、最終的に除菌・脱臭が行われた後の残留物質は酸素のみとなります。使用後は酸素だけが残りますので、きわめて安全性が高いといわれています。弊社では、オゾン発生量、最大2800mg/hの強力マシンを用いた除菌消臭を行っております。

空気清浄機との違い

空気を正常にする働きを持つ機器として「空気清浄機」を連想する方は多いでしょう。しかし、空気清浄機とオゾン脱臭器による除菌・脱臭は根本的に作用が異なります。
空気清浄機は、空気中の微粒子など異物をフィルターによって除去することが主な作用となりますので、近くを浮遊しているものにしか効果はありません。また、フィルターを使って異物を吸着するため、年に1回程度、フィルター交換が必要となります。一方、オゾン脱臭器による除菌・脱臭は、菌やにおい成分を分解して空気を浄化します。飛んでいる菌やウイルス、臭い成分の分解のみならず、よくさわる机やイス、ドアノブなどに付着している菌やウイルスなども徹底的に分解します。

オゾン除菌・脱臭が推奨される施設

オゾン以外の方法による除菌・脱臭を行う際には、処理後に人体に有害な薬剤が残存してしまうリスクがあります。しかし、オゾンで除菌・脱臭を行う際に残存する物質は酸素のみです。このため、飲食物を取り扱う場所や人の健康管理をする場所、菌やウイルスや化学物質を避けたい小さな子どものいる場所などではオゾンによる除菌・脱臭が最適といえます。

上記でご紹介した場所以外でも、ホテルや食品工場、スーパーマーケットなどの生鮮食料品店などに適しています。会議室やカラオケルーム、公共のトイレや公衆浴場など、不特定多数の人が入室する場所にもおすすめです。また、ペットを飼っているご家庭や動物のいる施設なども、推奨できる場所といえます。

その他、光触媒抗菌コーティングや安定化二酸化塩素と安定型次亜塩素酸ナトリウム+純水有効塩素濃度を使用した消毒抗菌も行っていますので、なんでもご相談ください。最適なご提案をさせていただきます。

*病院・福祉関連施設・車関連・飲食店(ラーメン店、レストラン)
・美容院保育園/幼稚園・ペット飼育のご家庭など...

【料金】
●高濃度オゾン発生装置(剛腕2800)
*営業終了後 or 休日中に
一晩貸し出しも可能 5,000円~
●光触媒抗菌コーティング 5,000円~